読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリークス・シュピール通り

「人生」というゲームの戦友たちへ

発売が待たれるボードゲーム「琉球連珠」

先日、ヒューマンアカデミー那覇校の卒業進級展示会にお邪魔させてもらった。

各分野の専門科の生徒たちの展示作品や発表パフォーマンスなどもあるのだけれど、ここでは割愛する。

ぼくが興味を持ったのは「琉球連珠」という2人用対戦ボードゲームだ。

ゲーム科の生徒さんがデザインしたという、出来立てほやほやである。

f:id:Repserc:20170330204632j:plain

ルールは至ってシンプル。

・プレイヤーは白か黒を受け持つ

・互いに駒を置く

・盤上の白ないし黒の升目を自分の駒でつなげると勝ち

・置く駒が無くなったら、すでに置いてある駒を抜いて使う

というものだ。

何度か遊ばせてもらったのだけど、これがなかなか面白い。

子どもでも、大人でも「うーん」と考えこませる工夫がされている。

・ダイヤモンドゲームと違って、数手で緊迫感が出てくる

・駒の数が少ないからこそ、ゲームが長引くほど難しくなってくる

ハウスルールを作って、楽しめる「伸びしろ」がある

 

近く発売されるということで、とても期待大だった。

新しい琉球の風が吹いてきそうだ。